歌詞を書くヒント満載!谷川俊太郎の名著「詩ってなんだろう」

このコラム約6分で読めます

tanigawa_shuntaro©深堀瑞穂

このコラムでは、作詞にも作曲にも役に立つ、谷川俊太郎さんの著書「詩ってなんだろう」をご紹介いたします。日本を代表する詩人から何を学びますか?

WooM(ウーム)!!!!!

 

谷川俊太郎さんって?

谷川俊太郎さんは、日本を代表する詩人のお一人です。

オフィシャル・サイトのプロフィールを下記に引用させていただきます。

1931年東京生まれ。詩人。

1952年第一詩集「二十億光年の孤独」を刊行。 1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詞賞、 1975年「マザー・グースのうた」で日本翻訳文化賞、 1982年「日々の地図」で第34回読売文学賞、 1993年「世間知ラズ」で第1回萩原朔太郎賞、 2010年「トロムソコラージュ」で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。

詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。 近年では、詩を釣るiPhoneアプリ「谷川」や、 郵便で詩を送る「ポエメール」など、 詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

 

詩ってなんだろう

この本は、谷川先生が選んで解説を加えた「詩とは何かに答えるための詩集」です。野口は、偶然本屋で平積みになっていた本書と出会い、迷うことなく初版を買い求めました。

自分の頭の中の曖昧模糊とした詩とはなんであるか? の問いにすっと答えてくれる素晴らしい本でした。なにしろタイトルが「詩ってなんだろう」 そのものずばりです。タイトルに偽りはありませんでした。

この問いは、作詞家を目指している多くの皆さんの頭の中にも、常にある問いではないでしょうか。もちろん詩と詞は違います。しかし、本書にはふしがついた詩として歌詞の考え方もキチンと解説されています。

ts_tulip

ページ見本です。小学生でも分かるように解説はひらがなメインです。そして、詩のほうにはルビがふってあります。でも、大人や作詞家が読んでも心に響く解説(ヒント)ばかりです。

この本で学べるのは、詩における言葉の自由さです。ありとあらゆる事を詩として考える心の自由さを教えてくれます。作詞家には、とても重要な考えだと想います。谷川先生も、歌詞をいろいろ書かれています。

1962年(31歳の頃)に「月火水木金土日の歌」で第4回日本レコード大賞作詞賞を受賞されています。ここで谷川先生の詩における自由さを拝見しましょう。同歌詞の一部分です。

谷川 俊太郎 – 月火水木金土日の歌

月曜日 笑ってる
げらげらげらげら 笑ってる
お月さまは 気が変だ
お月さまは 気が変だ

火曜日 怒(おこ)ってる
かっかかっかかっかかっか 怒ってる
火鉢(ひばち)の炭(すみ)は おこりんぼ
火鉢の炭は おこりんぼ

水曜、木曜と続いていきます。

「月曜」と「げらげら」、「火曜」と「かっかかっか」のように、頭韻を活かした構成。しかも、2行目はオノマトペ! と作詞のテクニックがいろいろ入った歌詞です。

オノマトペを使いこなして歌詞のセンスアップ!

ここで、1番の「気が変だ」に注目です。今の世の中は、言葉に対する表現の規制がもの凄いです! また、ちょっとした発言に対しても、アンチ(反対)の投稿や書き込みが集中する時代です。

きっと、今の作詞家は、こういった表現(気が変だ)には、自主規制をして使わないかもしれません。特に、プロフェッショナルは、凄く気を付けています。

でも、谷川さんの時代は、まずは伝えたい事を伝えたい形で表現できる時代だったのです。気が変だという表現が、月曜の雰囲気に最適だと信じて疑わず、書きたいように自由に書いたのです。結果、レコード大賞ですから、認められたと言うことですね。

 

詩人の心構え

この本に、谷川先生が考える、詩人の心構えが、二つ書いてありました!

しじんは、詩をかいておかねをかせぐけれど、おかねのために、詩をかくのではない。かきたいから、かかずにいられないから、詩をかくんだ。

詞をかきたいきもち、詩をよみたいきもちは、こころのいちばんふかいところから、わいてくる。

詩にかいてあるきもちは、詩をかいているひととおなじとはかぎらない。詩をよむひとがかんじるきもち、それがその詩のきもちだとかんがえるほうがいい。

詩人や作詞家は、常にこの二つの気持ちを考えながら、創作したいものですね。

 

これも詩だ あれも詩だ

本書の中には、さまざまなタイプの詩が紹介されています。いくつか引用させていただきます。

「おとの遊びの詩の中」に「たんぽぽ」という詩がありました。

川崎 洋 – たんぽぽ

たんぽぽが
たくさんとんでいく
ひとつひとつ
みんな名前があるんだ
おーい たぽんぽ
おーい ぽぽんた
おーい ぽんたぽ
おーい ぽたぽん
川に落ちるな

おーいの部分、読むのが楽しいですよ! 読むのが楽しい言葉は、歌っても楽しいのですよ。

 

「あいうえおの詩」の中に「かきくけこのかたいこと」という詩がありました。

まど・みちお – かきくけこのかたいこと

カキクケコ カキクケコ
かきくけこの かたいこと
かちこち こちこち かめません

サシスセソ サシスセソ
さしすせそは すずしそう
さやさや そよそよ かぜのよう

マ行とヤ行と続いていきます。

「かきくけこのかたいこと」って最高ですね。当サイトでも、五十音の面白さをご紹介しています。

五十音は作詞のコードだ!

 

「いろんな詩をよんでみよう」の中に「ケムシ・―――」という詩がありました。

まど・みちお – ケムシ・―――

さんぱつは きらい

詩は、この一行のみです。

 

作曲家としてこの本に接して

詩や歌詞を書いている方は、ここまでの僕の舌足らずな解説でも、きっと本書の面白さに共感していただけたのではないかと想います。

作曲をしている皆さんにとっても、自分の相棒となる作詞家が何を思い、何を信じて歌詞を書いているか? それを知る一冊になると思います。

また、これまでメロディーにしか興味が無かった方も、これをキッカケに詩を書いてみてはいかがでしょうか?

今、業界での作曲のニーズは、基本「メロ先」ばかりですよね。でも、作曲の醍醐味は、詞先でのメロディー作りにあり! とよく言われます。どちらも出来るのがプロフェッショナルですよね。

その際、本書にある歌詞にメロディーを付ける練習もとても意味があると想います。なぜなら、本書の詩たちは、歌詞としての構成が整っていないものが大半ですから、当然、メロディーは付けづらいです。

でも、それぞれ言葉としての重みや意味合いがあり、魂がこもった詩ばかりですから、そこからメロディーのインスピレーションがガンガンわいてくると想います。

実は、この中の詩のいくつかはすでに「PD」となっています。PD とは、パブリック・ドメインの略で、著作権がすでに消滅しているという意味です。

作家さんが亡くなってから50年を経過した時点で、その方の作った作品はPDとなります。

宮沢賢治さんがお亡くなりになったのは1933年。50年以上経ち、作品群が PD となってからは、「雨ニモ負ケズ」が何組かのアーティストによって付曲され、CD化されました。

PDですから、自由にメロディーを付けても大丈夫なのです。ちなみに、一番上のページの画像にある三好達治さんの作品(チューリップ)もすでに PD となっています。

ザ・フォーク・クルセダーズの加藤さんが「雨にもまけず」の歌詞にメロディーを付けて歌っています。

ザ・フォーク・クルセダーズ – 11月3日(雨ニモマケズ)

PD となった詩なら、皆さんが、メロディーを付けて CD や YouTube で発表してもいいのです。

 さて、こうしてみてきた「詩ってなんだろう」ですが、ジックリ読めば読むほど、いろいろなことを教えてくれます。いろいろなことを感じさせてくれます。

良ければ、皆さんもお手にとって、日本の「詩」を味わってくださいね。そして、皆さんなりの「詩ってなんだろう」の答えをみつけてください!


先生は歌の歌詞も沢山書いていらっしゃいます。次の本はそんな歌詞をまとめたものです。

 

まとめ

一冊の本から人生が開けることがあります。

創作のヒントが詰まった本書から、一つでも多くのことを学び取りたいですね。

保存

保存

野口 義修

投稿者プロフィール

音楽プロデューサー。
ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。
あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

メンバーシップ

運営者情報

yoshinobu_noguchi_300_300

野口 義修

音楽プロデューサー。

ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。

あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。

ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

詳細プロフィール

feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る