SMAP解散!スマップを育てた2人の音楽プロデューサー「長岡成貢、岩田雅之」

このコラムは約7分で読めます

smap_top

平成28年8月14日(日) スマップが年末(デビュー25周年の節目の年)での解散を発表しました。業界やファンの間に激震が起こりました。

日本中から愛されたスマップの業績を思い返せば、この約25年、彼らを支えたのは、素晴らしい楽曲を提供し、アレンジ&プロデュースした多くの素晴らしい作家やミュージシャン達だったと断言できます。

これまで、スマップの音楽をクリエイトしてきた音楽プロデューサー達は、本当に素晴らしすぎます! ここでは、スマップを支え続けた2人の音楽プロデューサーをご紹介します。

WooM(ウーム)!!!!!

 

スマップ解散の第一報

NHK NEWS WEB からの引用です。

25年にわたってグループとしての活動を続けてきた、人気アイドルグループ、SMAP が、2016年12月いっぱいで解散すると、所属事務所が発表しました。

(NHK NEWS WEBより引用)

解散が決定しましたが、各メンバーとも、現在のジャニーズ事務所に残り、来年以降はソロとしての活動に専念するそうです。

彼らは、平成3年(1991年)に CD デビューして以降、「夜空ノムコウ」や「世界に一つだけの花」といったヒット曲を次々に出し、NHK の紅白歌合戦に通算で23回出場しています。

まさに国民的スターの解散ですから、途方に暮れ、絶望を感じているファンの方も多いと想います。しかし、彼らの残した音楽は、永遠に人々の心に残ると思います! それが救いですね! また、各メンバーの個人での活躍もみなさんご承知の通りですから、これまで以上の活躍を期待したいところです。

 

SMAPの功績の裏には音楽プロデューサーの姿があった

スマップの功績の一つに、それまで裏方的な働きがメインであった編曲家や音楽プロデューサーにスポットを当てたことを上げられます。スマップは歌の上手さで勝負するタイプのグループではありませんでしたね。でも、彼らの楽曲は本当に魅力的でした。

それは、彼らが起用したプロデューサーやミュージシャン達が、超一流ばかりだったことと無縁ではありません。特にアルバム、

が発表された、2000年前後の SMAP のサウンドや楽曲のクオリティーの高さ、カッコ良さは半端ではありませんでした。

 

SMAP の音楽プロデューサー「長岡成貢」

彼らがデビュー前から楽曲提供し、彼らを育て上げた超大物プロデューサーが、長岡成貢さんです。スマップのデビュー時に発表された『SMAP』という楽曲を作曲・編曲しています。

その後も、ジャニーズ関係だけで50曲以上も作編曲を担当し、映画やテレビの音楽やアニメ系、伊勢神宮にまつわる厳かな楽曲……などなど日本を代表する編曲家・音楽プロデューサーのひとりです。ビッグヒットしたテレビドラマの「JIN -仁-」(主演/大沢たかお)の音楽も彼の手によるものでした。

また、長岡さんは、seikou nagaoka 名義でソロアーティストとしてもアルバムをリリースし、国内外からそのサウンドの素晴らしさが絶賛されました。

いわゆるアイドル路線のポップな音楽という固定観念からの音楽制作ではなく、スマップはいち早く、時代の最先端のサウンドを採り入れた楽曲を発表し続けました。その原点だったのが長岡さんだったのですね。

長岡さんのソロアルバムより……Only You Can Rock Meです。このセンスが、SMAP の底力になっていたのですね。

Seikou Nagaoka Only You Can Rock Me

実は、野口は、長岡さんが編曲家としてデビューする前、アマチュア時代から、ずっと懇意にさせてもらっていて、弊著『作曲本』の帯の推薦文も書いていただきました。おかげで、作曲本は18版を数えるヒットとなりました! 感謝です。

長岡成貢さんオフィシャルサイト

 

SMAP の音楽プロデューサー「岩田雅之」

さて、スマップを語る際、忘れてはならない音楽プロデューサーに岩田雅之さんがいます。彼は、1987年(昭和62年)に CBS / SONY よりユニット「PAZZ」でデビューしました。

アマチュアの頃は、仲間とマンハッタン・トランスファーというアメリカのコーラスグループの完全コピー・バンドを組んだり……アマチュアながら、恐ろしく完成度の高いハーモニーを聴かせてくれました。

また、発売されたばかりのTR-808というドラムマシンを駆使して、これまた恐るべきクオリティーのオリジナルソング(ファンキーでブラックコンテンポラリーな楽曲)を多重録音で制作したり……と、目映いばかりに才能がきらめいていました。

……というのも、野口は、その頃の岩田さんをよく知っているのです。おそらく20歳前後だったのでしょう。野口はすでに、音楽ディレクターとして仕事をしていましたが、彼の才能には目を見張りました。

そんな岩田さんも、スマップで作曲・編曲・コーラスワークなどを担当、スマップの音楽クオリティーに多大な貢献をしています。

岩田さんが、主題歌を担当したのが映画『君を忘れない~Nobody loves me like my baby』です。唐沢寿明さん、反町隆史さん、そしてスマップの木村拓哉さんも出演していました。

岩田さんが作曲を担当し、歌やコーラス、演奏を担当しています。説明を受けなければ、100%洋楽と思うでしょう。

君を忘れない~Nobody loves me like my baby

この映画、調べてみて驚きました! 音楽 長岡成貢、主題歌 岩田雅之 だったのです。しかも、映画発表の1995年は、二人も脂が乗っている頃で、その年に発表された『SMAP 007 〜Gold Singer〜』では、二人合わせて8曲ほどに作曲・編曲・コーラスなどで参加しています。

岩田雅之さんオフィシャルサイト

 

2016年12月20日 追記 ご紹介した長岡成貢さんと岩田雅之さんのお二人の対談が4pに渡って紹介されている 「ありがとう! SMAP (別冊宝島 2533) 」が12/17に発売になりました!

 

スマップの音楽は、この2つのアルバムなくして語れない!

さて、スマップを語る際、

この2つの存在を忘れてはなりません。これぞ、スマップが音楽プロデューサーを大切にしていた証です。

前述した『SMAP 007 〜Gold Singer〜』で行われたニューヨークレコーディングをキッカケに、アメリカ最高峰のミュージシャンが集結、スマップ抜きのスマップアルバムが完成したのです。

参加メンバーは……

Sax – マイケル・ブレッカー(ブレッカー・ブラザーズ)、ジェイ・ベッケンスタイン(スパイロ・ジャイラ)、グローヴァー・ワシントン・ジュニア
Tp – ランディ・ブレッカー(ブレッカー・ブラザーズ)、アルトゥーロ・サンドヴァル
Fl – デイヴ・ヴァレンティン
Vib – マイク・マイニエリ
Gt – ハイラム・ブロック、デイヴィッド・T・ウォーカー、デヴィッド・スピノザ
Drs – オマー・ハキム、ヴィニー・カリウタ
Bass – ウィル・リー、ジェームス・ジナス、チャック・レイニー
Piano – ジム・ビアード、フィリップ・セス

Wikipedia より引用

 ……という豪華さ。洋楽好きにはたまらないスタジオ・ミュージシャン達ですね。これらのメンバーや豪華なストリングス・オーケストラをサウンド・プロデューサーとして指揮し、まとめたのが、長岡成貢さんであり岩田雅之さんでした。

今回は、スマップ解散の第一報と言うことで、簡単な紹介ですが、いつかお二人にゴージャスなニューヨーク・レコーディングの想い出をインタビューさせていただきたいと考えています。

このアルバムは……

  • アルバム「SMAPPIES Rhythm sticks」(1996)ADLIB BEST RECORD OF THE YEAR 1996受賞
  • アルバム「SMAPPIES II」(1999)POPULAR DISC AWARDS 1999受賞

Wikipedia より引用

 ……と、プロ筋にも認められてます。

SMAPPIES – Rhythmsticks に収録されている「君色想い」

 

まとめ

上記のお二人以外にも、スマップはこのアルバムは25年間、数多のプロデューサー達を起用して、素晴らしい音楽を発表していきました。そして、そのプロデューサーさん達を大切に育ててきたと想います。

この25年で、音楽業界はコンペコンペ……の時代になってしまいました。つまり、1曲の採用に何百曲ものコンペ作品が集まり、その中から1曲が選ばれるシステムです。

なかなか若い才能が世に出づらい仕組みになってしまったのです。きっとどこかにいる若い長岡二世くんや、岩田二世さんの登場を心待ちにしたいと思います。

また、そういう才能を見付け、世に送り出すのが野口、そしてこのウームソング・ドット・クラブの天命と考えて、僕自身も頑張りたいと想います。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

作詞作曲を学びませんか?ウームソング・ドット・クラブの会員サービスはこちら

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

メンバーシップ

運営者情報

yoshinobu_noguchi_300_300

野口 義修

音楽プロデューサー。

ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。

あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。

ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

詳細プロフィール

feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る