2016年JASRAC賞!作詞作曲印税の行方

このコラムは約4分で読めます

2016jasracsho

このコラムでは、作詞家・作曲家をめざすアーティストの一つの夢、「JASRAC賞」の2016年受賞曲をご紹介いたします。

 

 

ジャスラック賞とは

JASRAC(ジャスラック)賞とは、一般社団法人「日本音楽著作権協会」が毎年発表する賞で、その順位は、楽曲の年間著作物使用料の分配額で決められています。

噛み砕いて言うと、前年度に最も印税を稼いだ楽曲の作詞家と作曲家、そして楽曲を管理する出版社に対して与えられる賞です。

具体的に与えられる賞は、

国内作品の上位3作品に、

  • 金賞
  • 銀賞
  • 銅賞

海外の著作権管理団体からの入金が最も多かった国内作品に、

  • 国際賞

分配額が最も多かった外国作品に、

  • 外国作品賞

などです。

 

国内作品

国内作品の順位に関しては、CD の売り上げやダウンロード販売(インタラクティブ配信)やカラオケ、有線などすべてを加算した金額を対象としています。

2016jasracsho_kokunai

金賞の三代目 J Soul Brothers!!

2010年活動開始の若いバンドですから、大躍進ですね! 「ランニングマン」の振り付けも話題となりましたね。大ヒットには、プラスアルファの要素が必ずあるものです。

三代目 J Soul Brothers – R.Y.U.S.E.I.

ちょうど2年前(2014年5月)の動画発表から、なんと9000万回再生を超えています。素晴らしいですね。

サウンドは、ド直球に EDM です。動画23秒くらいから、スネアの連打でドロップ(盛り上げの仕掛け)が始まります。定型に忠実な EDM です。野外ライブやドームでのライブでは盛り上がり必至ですね。

動画1分23秒からは、ランニングマンのダンスが登場します! 7位の「O.R.I.O.N」も同じ作詞作曲家のチームで三代目 J Soul Brothers の楽曲ですね。

EDMに関しては、EDMの貴公子「Zedd」ゼッドは天才メロディーメーカーをご覧ください。

銀賞、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」は、2015年の「金賞」に続いて連続 JASRAC 賞受賞となりました。いわゆる単発のヒットではなく、定番の楽曲となった証拠でもありますね。

銅賞、中島みゆきさんの「糸」は、JASRAC によれば、ウェディングソングの定番となり、結婚披露宴のほかカラオケでも多く利用されたそうです。10年前くらいまでは、「てんとう虫のサンバ」が定番だったんですよ!

結婚式場での演奏や歌唱でも、ちゃんと印税が発生しているのは、ちょっと意外だという方が多いのではないでしょうか?

結婚式で使われる楽曲の印税を管理は ISUM(アイサム)という団体が JASRAC と提携しておこなっています。

これから結婚を考えている、憧れている皆さんは、式場の予約時などに、楽曲使用料の説明があるのではないでしょうか? 友人代表が歌ってくれる曲の印税も作詞家・作曲家・出版社に届きます!

 

発売から10年以上が経過した楽曲が5曲ランクイン

発売から10年以上が経過した楽曲(3位、4位、5位、8位、9位)が、5曲もランクインしていますね。

  • 3位 糸(1992年)
  • 4位 ルパン三世のテーマ’78(1977年)
  • 5位 ハナミズキ(2004年)
  • 8位 東京ブギウギ(1947年)
  • 9位 翼をください(1970年)

驚くべきは、「東京ブギウギ」です。なんと、1947年(昭和22年)に発表されています。ほぼ70年まえの作品ですね。

「東京ブギウギ」は、2013年、2014年、2015年、2016年と4年連続のジャスラック賞トップ10入りとなっています。

おそらく、2011年から始まったトータス松本さんによるビールの CM の影響だと想います(下に動画を貼ります)。CM が凄いとは、皆さんも先刻ご承知でしょうが、まさにリアルに凄いですね。

クリアアサヒ CM

せっかくなので、若い作詞家・作曲家さんのために、原曲をどうぞ! 歌っているのは、ブギの女王と呼ばれた笠置シズ子さん。発表された昭和22年は、終戦後、2年目です!!

笠置シヅ子 – 東京ブギウギ

絶望的な戦後の混乱の中、人々の心に灯を点したのがこの曲でした。作曲の服部良一先生も凄いが、日本人も凄かったと感じます。そして、歌の力も素晴らしいのです!

 

外国作品

外国入金 国内作品は、日本の楽曲が世界で活躍し、絵画で印税が発生したものです。

2016jasracsho_gaikoku

5曲とも、アニメ系ですね。さすが、日本のアニメ文化はすでに世界を席巻しています。ここで面白いのは、主題曲ではなくてBGMという点です。

たとえば、キテレツ大百科は、主題歌の「はじめてのチュウ」ではなくて、BGM が受賞していますよね。DVD 作品などでの音楽の扱いは、重要度ではなく演奏時間で配分します。主題曲と BGM のどちらが重要かなど判断できるものではないですよね! だから、時間配分です。すると、「主題曲2分 VS BGM20分」などになります。

昔、友人がとあるアニメの BGM を作曲したのですが、忘れた頃、そのアニメがヨーロッパで大ブレイクして(誰でも知っているアレです!)信じられないような金額の印税が振り込まれてきたそうです! 

 

2013~2015年受賞作品

jasrac2013-2015

2013~2015年の資料ですが、眺めているとさまざまな事が想い出されますね。

2013年の AKB 旋風。

2014年の女々しくて。1998年発表の「Time goes by」ですが、ソフトバンクのCMになっての銅賞! なるほど。

2015年は、恋チュンブームは凄かったですね。みんなが踊って YouTube にアップしていました。社会現象でした。そして、「進撃の巨人」もある意味社会現象でしたね。

ヒット曲を見ると、時代を思い出す! 昔は、それが顕著でしたが、今のように CD 不況、音楽業界の不振と言われる時代でも、ヒット曲は時代を映す鏡であると分かります。

今回の資料は、JASRAC のサイトから引用いたしました。

過去のJASRAC賞の受賞曲を詳しく知りたい方は、下記からどうぞ。2000年からの推移が分かります。

http://www.jasrac.or.jp/profile/prize/backnumber.html 

2000年なんて、金・銀が宇多田ヒカルさん「Automatic」「Time Will Tell」

銅が「だんご3兄弟」

想い出しますね! やはり、ジャスラック賞は時代をキチンと映しています。

 

まとめ

今年の JASRAC 賞の受賞曲は、60%が過去の曲でした。では、最近発表された楽曲で、数年10年生き残っていく楽曲があるのでしょうか? あってほしい!!

今後、何十年も生き残る楽曲がたくさん生まれることを、この WooM-Song.Club では強く願っています!

皆さんも、ジャスラック賞にノミネートされるような歌詞を書いてみませんか? 
初心者の方でも、歌詞のアドバイスをフォローいたします!

作詞作曲を学びませんか?ウームソング・ドット・クラブの会員サービスはこちら

スポンサーリンク


野口 義修

投稿者プロフィール

音楽プロデューサー。
ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。
あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

メンバーシップ

運営者情報

yoshinobu_noguchi_300_300

野口 義修

音楽プロデューサー。

ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。

あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。

ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

詳細プロフィール

feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る