河島英五「酒と泪と男と女」の計算されたメロディー・コード

このコラムは約5分で読めます

saketo_namidato_otokoto_onna

このコラムでは、昭和の大ヒット、河島英五さんの「酒と泪と男と女」を分析、ご紹介いたします。

 

 

曲の歴史など

酒と泪と男と女(さけとなみだとおとことおんな)は、1975年にリリースされた「河島英五とホモ・サピエンス」のデビューアルバム「人類」に収録された曲です。作詞作曲は、河島英五さん。

翌1976年には河島英五のソロ名義でシングルリリースされ、(オリコン週間ランキング9位の)ヒットを記録しました。

まずは、聴いていただきましょう。

河島英五 – 酒と泪と男と女

なんと、渋く心に響く歌唱でしょうか…。野口的には、これまでギターで歌う英五さんのイメージが強かったですが、ピアノも素朴なイメージでとてもいいですね。

ピアノの四つ打ちという、ビートルズの「レット・イット・ビー」タイプの弾き方が、よりメロディーを際立たせています。栄五さんの、尊敬する人は、エジソン、ビートルズ、お父さんだそうで、きっとレット・イット・ビーなども練習していたんだろうなぁ……などと想いました。

「河島英五メモリアルWEBサイト」に英五さんの略歴がありました。

1975年4月「何かいいことないかな」でワーナーパイオニアよりレコードデビュー。同年6月ファーストアルバム 「人類」リリース。河島英五とホモサピエンスは全国ツアー後、セカンドアルバム 「運命」を残し解散。

ソロになった河島英五は京都「拾得」「磔々」を皮切りに全国のライヴハウスでの活動を精力的に展開。圧倒的なパワーによるライブが各地で話題を呼び、同時に1stアルバムの中の1曲「酒と泪と男と女」が急浮上、ヒットに至る。

デビュー時、英五さんは23歳! その年で発表された1stアルバムに、この「酒と泪と男と女」が収録されています。この歌詞を20歳そこそこで書いた英五さん。ウーム……やはり器の大きな人だったのですね。

 

酒と泪と男と女ヒットのサウンドを分析

ここからは、酒と泪と男と女ヒットのサウンド(メロディーやコード)を解説します。

歌ものを作っているみなさんは、参考にされてみてください。

 

印象的なコード進行「2度進行」

Aメロディーは、Gメジャー(ト長調)の楽曲で、ベース音が頭から……♪G A B C B A(ソラシドシラ)と音階(スケールに沿って)2度で動いていますね。

これを、我々は「2度進行」と呼んでいます。もう少し、詳しく言うと、ダイアトニックコードを2度で上下するコード進行ということになりますね。

snoo_a_melo

コラム最後に参考として、ハ長調・ト長調のダイアトニックコード(3和音・4和音)を載せておきます。

さて、2度進行のコードは、とても自然な流れですから、一般的にメロディーも歌いやすく、心地よいものになります。サビも同じく、2度進行ですね。

snoo_b_melo

 

メロディーとコードの関係

一般的に、メロディーにコードを付ける場合や、コード進行からメロディーを考える場合など、メロディーとコードのベース音は、なるべく同じにしないほうがいいと言われています。

たとえば、C7 というコードの場合、ベース音は C(ド音)ですから、メロディーがド音のロングトーンとか、印象的な音がド音であるなどは、避けた方がよいということですね。

ルート・メロディーは、重苦しいく、あまり響かない硬いイメージの音になりがちなのです。わたくし野口も、「ルート・メロディーは避けたほうがよい」とよく言っています。

もちろん、ロックなど、曲想によっては、ルート・メロディーの方がぐっと光る場合もありますが、メロディーがオシャレに響くのは、コードの3度や7度、あるいは9thや11thなどのテンションの音です。

しかし、この「酒と泪と男と女」では、やたらメロディーがルート音になっているのです。歌詞でにした部分は、メロディーとコードのルート音が同じところです。

Aメロディー
忘れて しまいたい
 事
どうしようもない 寂しさに
包まれた時に おとこ
を 飲むのでしょ

サビ
飲んで 飲んで 飲まれて 飲
飲んで 飲みつぶれて 寝むるまで 飲んで
て おとこは 静かに 寝むるのでしょ

Aメロディーは圧倒的にが多いですね。

が多いのは、歌詞の重苦しい影の部分や切ないハートの象徴と捉えると、なるほど! と合点がいきます。

ちなみに、サビを見てみると、圧倒的に3度のメロディーが多いです。その歌詞をで塗ってみました。3度の音は、どちらかと言えば、柔らかく優しい響きです。

で 飲んで 飲まれて 飲
んで 飲みつぶれて 寝むるまで 飲

前半は、ルート・メロディーで、重く迫ったので、サビからは、3度のメロディーで響きの美しさや、優しさを表現した! そう考えると、このメロディーは、もの凄く理にかなった、深いメロディーであると分かります。

栄五さんは、「え? そうなんだ(笑)。全然、考えずに作っただけだよ」と天国で笑っているかもしれません。

でも、素晴らしい感性をもったアーティストから、ふっと浮かんできたメロディーは、結果として、理論で考えても意味のある場合が多いのです。

 

弱起のメロディー

弱起のメロディーで、息づかいや感情を表現できます。Aメロディーを見てみると、小節の頭で、メロディーが始まる前、下図のように8分休符や、4分休符が入っています。

このように休符があって始まるメロディーを、弱起のメロディーといいます。この休符の部分があるので、メロディーにタメができて、じっくり歌詞を味わうことができます。

休符に集中して、曲を再度聴いてみてくださいね。実に味のある休符であると感じられるでしょう。

snoo_jyakki

さて、サビは逆に、16分音二つ引っかけて、つんのめるように歌っています。勢いがあります。歌詞の「飲んで」「飲んで」「飲まれて」「飲んで」「飲んで」「飲みつぶれて」……すべて16分音二つ前に引っかけています。

これも、タメのAメロディー、ツッコミのサビと見事に対比ができています。凄い曲だなぁ! と野口は感動しています。ありがとう栄五さん! こんなに素晴らしい曲を残してくれて本当に感謝しています。

 

まとめ

やはり名曲と言われ、何十年と残ってきたメロディーは、理論で考えても、ちゃんと理にかなった素晴らしい音楽美学を描いているのですね。

河島英五さん。先輩が残してくれたこの曲、後輩の我々は大切に歌いついでいきます!

・ハ長調・ト長調のダイアトニック・コード(3和音・4和音)

snoo_chordfu楽譜制作:WooM-Song.Club

野口 義修

投稿者プロフィール

音楽プロデューサー。
ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。
あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

メンバーシップ

運営者情報

yoshinobu_noguchi_300_300

野口 義修

音楽プロデューサー。

ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。

あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。

ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

詳細プロフィール

feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る