【作詞の基礎】魅力的な人物、キャラクターの描き方

このコラムは約7分で読めます

character

このコラムでは、作詞家をめざす初心者のために作詞の基礎をお話しします。今回は、魅力的な人物、キャラクターの描き方です。

キャラクターは、歌詞というドラマの主人公! キャスティングするのはあなた!

WooM(ウーム)!!!!!

 

キャラクターの基礎

作詞をするという視点で「キャラクター」を考えると……二つの意味がみえてきます。

キャラクターには、「小説・映画・漫画などの登場人物」という意味があります。

そしてもう一つ、「性格・人格・また、その人の持ち味、らしさ」といった内面の描写という意味合いがあります。

そうです、作詞家は両面を考えながら、歌詞の中に魅力的なキャラクターを描かなければならないのです。

久々に、大きなフォントで書きました。大切なのは、作詞家が描くキャラクターは、魅力的であって欲しいのです。

魅力的っていうと、短絡的かつ固定観念的な感じ方で、カッコ良く、人間的にも優れていて、イケメンで……と、野口と真逆のイメージを描く方が多いのじゃないかと想います。

魅力を辞書で引いてみると……人をひきつけ、夢中にさせてしまう力とありました(明鏡国語辞典)。人を引き付ける、惹き付ける要素とは何なのでしょうか?

 

さまざまな魅力

カッコ良くイケメンな主人公は確かに魅力的ですが……「それじゃ、なんか物足りない」という声も聞えてきます。

むしろ、ちょい悪(ワル)で、どこか抜けていて、天然で、お人好しで……的な人物の方が魅力的だったりします。

昔でいえば……寅さん。フーテンの寅次郎。その流れで言うと、『釣りバカ日誌』のハマちゃん。いわゆる世の中の王道からは、外れっぱなしですね。でも、なんだか憎めません。

また、スーパーマンもスパイダーマンもアイアンマンも、なにか弱い部分を持っていますね。そこがあるから魅力が引き立ちます。ある意味、ウルトラマンの3分ルールのように。

そう、ある種のダメダメ・ポイントがあることで、そのキャラクターに共感を抱くことができるのですね。そこが人を引き付けるのです。

さまざまなタイプの歌詞があるように、その主人公もまたさまざまなキャラクターを持っていてOKなのです。

では、歌詞で見付けたキャラクターたちを紹介しましょう。

 

ゆず「ぼくの漫画の主人公」

歌:ゆず  作詞:北川悠仁  作曲:北川悠仁

ぼくは小さい頃太っていて
勉強も運動も苦手だった
自信が無いからお調子者になって
なんとかみんなに溶け込んでいた
そんなぼくにも夢中になれる物があった
それは漫画を書く事だった

ぼくの漫画の主人公はいつだって
ぼくに無いモノを全部持っていて
憧れを詰めこんだヒーローを
いつもいつも描いてた

中学生になっても太っていて
勉強も運動も相変わらず駄目で
可愛いあの子が大好きだったけど
ある日違う誰かと手を繋いでいた
みんなが寝静まる頃机に向かって
それでもまた漫画を書いていた

ぼくの漫画の主人公はいつだって
素敵な恋をしていたんだ
憧れを詰めこんだストーリーを
いつもいつも描いてた

あの頃のぼくよ 君の目に
今のぼくはどんな風に映るのかな?
憧れていたヒーローにはなれなかったけど
信じた道をこうして歩いているよ

ぼくの漫画の主人公はいつだって
ぼくに無いモノを全部持っていて
憧れを詰めこんだヒーローを
いつもいつも描いてた
憧れを詰めこんだストーリーを
いつもいつも描いてた

これほど自己紹介的な歌詞(特に、Aメロディー)は、珍しいくらいですが、上記の少しダメなくらいが魅力的! の見本のような音楽ですね。

しかし、

「憧れていたヒーローにはなれなかったけど信じた道をこうして歩いているよ」

と、主人公が夢に向ってまっすぐに歩いている姿を描いています。これがあるから、前半のダメな自分が生きてくるのですね。

 

Mr.Children「HERO」

歌:Mr.Children 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

例えば誰か一人の命と
引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ

愛すべきたくさんの人たちが
僕を臆病者に変えてしまったんだ

小さい頃に身振り手振りを
真似てみせた
憧れになろうだなんて
大それた気持ちはない

でもヒーローになりたい
ただ一人 君にとっての
つまずいたり 転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ

Mr.Children の「HERO」の前半を引用しました。徹底的に自己否定する主人公! でも、君のヒーローにはなりたい! 赤字にした「憧れ」は、仮面ライダーとか●●レンジャーみたいな存在ですね。

ダメさとヒーローのギャップがあればあるほど、君への想いが増幅される仕組みですね。

 

甲斐バンド「HERO ~ヒーローになる時、それは今~」

歌:甲斐バンド 作詞:甲斐よしひろ 作曲:甲斐よしひろ

HERO になる時 (AH-AH-)それは今
HERO ひきさかれた夜に おまえを離しはしない※

生きていることは一夜かぎりのワン・ナイト・ショー
矢のように走る時の間で踊ることさ

今夜お前はヒロインもう泣かさないよ
この魂のすべてでお前を愛してるさ

銀幕の中泣き顔のジェームズ・ディーンのように
今が過去になる前に俺たち走りだそう  だから

(※くり返し)

甲斐バンドの甲斐さんは、若い頃から男臭さとダンディズムの両方を感じさせる存在感のあるアーティストでした。太字にした3行は、そのダンディズムを具現化したようなフレーズですね。歌詞の主人公は、まさに甲斐さんそのものです。

ここで、歌詞のテクニックというか鉄則ですが……ほとんどの場合、聞き手は、歌詞の主人公=そのアーティストと解釈します。だから、この歌詞のカッコ良い主人公は、甲斐さんその人となるのですね。

もう一つポイントがあります。

それは、歌詞の中に実在の人物を入れて、その生き様や雰囲気、キャラクターを、そのまま歌詞の主人公に重ねる手法を使っています。そう、ジェームズ・ディーンですね。

james_dean

ジェームズ・ディーンは、1955年に『エデンの東』のキャル・トラスク役で初めて主役を演じて、認められた。彼はこの役でアカデミー賞の最優秀主演男優賞にノミネートされた。

この後、続けざまにその年の『理由なき反抗』で主役を、『ジャイアンツ』で準主役を演じ、またもやアカデミー賞にノミネートされることになる。

(Wikipediaより)

とにかくカッコ良い映画スターの代表でしたが、交通事故により24歳の若さで亡くなりました。甲斐さんは、かれのカッコ良さとともに、青春を駆け抜けた、ある種の悲劇感をも引用したのではないでしょうか? 

映画スターを歌詞に引用すると、そのスターが演じた映画の主人公まで自分の歌詞の中に連れてくることができるのですね。

 

その他のキャラクターの描き方

ここからは、いくつか歌詞におけるキャラクターの描き方を紹介しましょう。

あるある系の主人公

描かれた主人公、キャラクターは、(聞き手にとっては)歌詞を歌っているアーティストだと上記しました。作詞家としては、聞き手が「あるある、これって私と同じ!」となるのがベストです。

聞き手にとって、私(じぶん)と同じような主人公って、それは魅力がありますよ。

そんな歌詞が書ける代表的シンガーソングライターが、女子では近年、歌詞検索サイトの女王となっている、西野 カナさんです。

西野カナ – トリセツ

自己紹介を自分の「トリセツ」(=取扱説明書)というテイで紹介するという、ありそうで無かった作詞アイデアの発明です。しかも、書かれているキャラクターは、誰にでも共通しそうな女の子像ですから、まさに「あるある系」の主人公です。

 

あるある系のダメダメ系

あるある系の中でも、ダメダメ系を追求しているアーティストがいます。それは……

「女々しくて」で、一世を風靡したゴールデンボンバーです。彼らの楽曲で徹底的なダメダメ系主人公を描いた作品「水商売をやめてくれないか」をご紹介します。

動画の方に、歌詞があるのでそちらで見て頂くとしましょう。

ゴールデンボンバー – 水商売をやめてくれないか

あるある系のダメダメ系とは、男なら少々は覚えがある! でも、情けなくて人には言えなかったこと! をしてしまう、そんな情けない主人公を描いている歌詞です。

でも、内心は自分のことであると想っていながらも、ふと、そんな歌詞の中のダメダメ君を(見下げて)笑っているという自分もいる! アンビバレントな不条理! この世界感を創り上げた鬼龍院 翔さんは、天才だと想っています。

只のお笑いソングで、パフォーマンスだけが取り柄だったら、「女々しくて」が4年も紅白歌合戦に連続出場するはずがありませんよね。

ゴールデンボンバーの歌の世界の中に、奥深い人間の性(さが)がキッチリと描かれているから! だからこそ紅白や2014年JASRAC賞金賞受賞の名誉もあるのですよね。

 

歌詞を書こう!

主人公、キャラクターを描くことは、きちんと人間を描くということです。だから、人間観察が出来なければ、また、人の心が分からなければ、魅力的な主人公など書けません。

人間観察は、人との付き合いや、本や映画や、通りすがりの人を見つめているだけでも……出来ます。

ステキな主人公、キャラクター、人物が登場する……歌詞を書こう!

ステキな主人公を描いたら、その主人公をどこに置くか?というシチュエーション設定も重要になってきます。

【作詞の基礎】シチュエーションの描き方

 

まとめ

主人公が上手く書けるようになれば、もっともっと楽しく詞が書けるようになります。さあ、頑張りましょう。

野口が書いた作詞作曲の入門書です。楽しく人物の描き方も学べます!

作詞作曲を学びませんか?ウームソング・ドット・クラブの会員サービスはこちら

スポンサーリンク


野口 義修

投稿者プロフィール

音楽プロデューサー。
ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。
あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

メンバーシップ

運営者情報

yoshinobu_noguchi_300_300

野口 義修

音楽プロデューサー。

ベストセラーの『作曲本』(シンコー刊)や『楽しく学べる作詞作曲』(ナツメ社)の著者。

あみんの「待つわ」、雅夢の「愛はかげろう」、アラジンの「完全無欠のロックンローラー」、 伊藤敏博の「さよなら模様」......など多くの才能やヒット曲を世に送り出す。

ヤマハ音楽院、昭和音大で作曲などの講師を歴任。

詳細プロフィール

feedly

follow us in feedly
ページ上部へ戻る